Windows版 Chromeを Chrome OS版 Chromeと同じフォントにする方法

ネットショッピング

やっぱり Windowsの標準フォントは見づらい

近年は自宅でプログラミングをすることがなかったので、ずっと下記の Mac miniや Chromeboxを使用していました。自宅で仕事せずインターネットを楽しむ程度なら非 Windowsでも十分です。

しかし、フリーランスを目指すにあたり自宅に開発用の Windows PCを購入してメインで使用することにしました。(購入したパソコンについては後日記事にします)

しばらく Windowsを使っていて感じたのは、以前の Windowsよりは改善されたとはいえ Windowsの標準フォント(Windows 10の場合は「Yu Gothic UI」)は上記の非 Windows機よりはやはり見づらいです。フリーの Windowsアプリでシステムフォント全体を変える方法もありますが、今回はインターネット接続でメインで使っている Chromeのフォントを直近で使用していた ChromeOS版の Chromeと同じにする方法を書いていきます。

Noto Fontsのダウンロードとインストール

ChromeOS版の Chromeには「Noto フォント」が使用されていたので、まずは Windowsにこれらのフォントをインストールします。幸いにも「Noto フォント」は Googleが無償で公開しているので追加費用なく入手できます。
参考 Google Noto FontsGoogle Noto Fonts

手順1
日本語フォントを検索
Google Noto Fontsのヘッダーにあるボタンからダウンロードしてしまうと全言語をダウンロードしてしまうため、まずは検索ボックスから日本語フォントのみ検索します。キーワードは「CJK JP」です。
Google Noto Fonts
手順2
日本語フォントをダウンロード
検索ボックスの下に検索結果が表示されるので、そこをクリックして 2種類のフォント(ゴシック体、明朝体)をダウンロードします。検索結果をクリックすると画面が変化するので、2つ目のファイルは手順 1からやり直してダウンロードします。
Google Noto Fonts
手順3
ダウンロードしたファイルを解凍
ダウンロードしたファイル(Zipファイル)を任意のフォルダーに解凍します。新しいフォルダーを作成して解凍した方が次の手順が楽になります。
手順4
フォントのインストール
解凍したファイルの中から拡張子が “otf”のファイルだけを選択して右クリックし「インストール」を選択します。拡張子が表示されていない場合は左上の「表示」メニューから拡張子を表示してください。
Google Noto Fonts
手順5
インストール完了
手順 4を手順 3で解凍した 2つのファイルに実施するとインストール完了です。

Chromeの設定変更

フォントの準備ができたので、次は Chromeの設定変更を行います。

手順1
設定画面を開く
Chromeの右上にあるメニューを開き「設定」を選択します。
Chrome Setting 2
手順2
フォントのカスタマイズを開く
「デザイン」の「フォントのカスタマイズ」を選択します。
Chrome Setting
手順3
フォントの設定を変更
フォントの設定で標準フォント、Serifフォント、Sans Serifフォント、固定幅フォントが「カスタム」になっていると思うので、それをダウンロードした Notoフォントに変更します。
Chrome Setting

種類 選択するフォント
標準フォント Noto Sans CJK JP Regular
Serifフォント Noto Serif CJK JP
Sans Serifフォント Noto Sans CJK JP Regular
固定幅フォント Noto Sans Mono CJK JP Regular
手順4
設定完了
「フォントのカスタマイズ」から設定画面に戻ると Chromeのフォントが変更されます。
手順5
ClearTypeテキストの調整
必要に応じて Windowsの設定画面で「ClearTypeテキストの調整」を行ってください。この調整は Chromeだけでなく Windows全体に影響があるので必須ではありません。

やはり「Noto フォント」が見やすい

見やすさの基準は個人差があるのでこれがベストな選択とは一概には言えませんが、直近まで Chromeboxを利用していた私にはこの「Noto フォント」が現状ではいちばん見やすいです。非 Windowsの OSは使ったことがないけれど Windowsの標準フォントに不満がある方は試してみる価値はあると思います。