新しい OCNメールに対する最善の解決策

友人に送るメールを取引先に送ってしまった時の写真

新しい OCNメールへの移行完了から 7か月

OCNが OCNメールのリニューアル作業を開始してから 8か月が経過しました。
参考 OCNメールのリニューアルに関するお知らせNTT Com お客さまサポート

私は優先移行を申し込んでいたので昨年の 8月末から新しい OCNメールを利用しており、何度か新しい OCNメールの問題点と対策を記事にしています。それらの多くは現在でも解決していないようで該当記事には現在でも多くのアクセスが集まっています。

そこで私が現時点で新しい OCNメールとどの様に折り合いをつけているかを本記事で共有したいと思います。パソコンとスマートフォン(タブレット)の両方から新しい OCNメールを利用する事が前提になりますが参考になれば幸いです。

対策1:パソコン側では Gmailを使う

大前提として新しい OCNメールの Webメールは使いものにならず改善も期待できません。それは下記のページを参照して頂ければ理解して頂けると思います。
参考 新しいOCNメール(Webメール)の使い方NTT Com お客さまサポート

よくあるご質問」などと書いてありますが「不具合一覧」と言っても差し支えないような内容も散見されます。それを OCNが仕様と言い張っているだけです。私が以前に記事にした HTMLメールの表示不具合も仕様と言い張ったままいまだに対応されません。

Eメールを送る男性OCNの新しい Webメールが一部の HTMLメールを正常に表示できない(追記あり)

この記事の不具合の2019年3月24日時点での状況です。
OCNメール HTML表示不具合

半年以上経過してもこの様な状況のため新しい OCNメールの Webメールに改善を期待するのは時間の無駄なので、下記の記事にある方法で OCNメールを Gmailから利用しています。

Eメールを送る男性OCNメールを Gmail (Webメール)から利用する

また新しい OCNメールには「自動転送設定」というメールを転送する機能がありますが、この転送機能を利用してはいけません。OCNのメールサーバーの運用がいい加減なためか OCNから Gmailへ転送されるメールを Gmail側が迷惑メールと判断してブロックしてしまうことが頻繁にあるからです。

ウイルスに感染したEメールOCNメールから Gmailへ転送設定しない理由 (追記あり)

この方法には「メールの受信に気付くまで最大で 1時間程度の遅れが発生する」という問題点がありますが、それは後述の方法と併用する事で回避できます。

対策2:スマートフォン側では Gmailアプリを使う

何のひねりもありませんがスマートフォン(タブレット)では Gmailアプリから新しい OCNメールを利用します。ただし、Gmailアプリには Gmailアカウントと OCNメール(IMAP方式)の 2つのアカウントを設定します。

MEMO
以前の iOS版 Gmailアプリはマルチアカウントに対応していませんでしたが、最近のバージョンアップでマルチアカウントに対応したため iPhone/iPad (iOS)と Androidの両方でこの方法が利用できます。

アカウント 1:Googleアカウントで設定

通常はこちらのアカウントでメールを利用します。
パソコンで OCNメールを利用するように設定した Googleアカウントで Gmailアプリを設定します。

アカウント 2:OCNメールのアカウント(IMAP方式)で設定

前述した受信に気付くまでの遅延を解消するためのアカウントです。
下記ページの「メールサーバー(IMAP)の設定値」を Gmailアプリに設定します。
参考 メールの仕様と基本情報NTT Com お客さまサポート

こちらのアカウントの「同期頻度」や「通知」の有無はお好みで設定してください。私の場合は急ぎのメールなどはほとんどないので、同期は「手動」通知は「なし」で設定しています。この設定でも Gmailアプリの「すべての受信トレイ」を利用すれば特に意識せずともそれなりの頻度で受信確認ができます。

急ぎのメールのみスマートフォンで手動確認

以上の様にパソコンとスマートフォン(タブレット)を設定し、普段は Gmailのみで OCNメールを利用しつつ急ぎのメールがあった場合のみ IMAP方式で OCNメールに直接アクセスして受信の遅延を回避するという運用でストレス無く OCNメールを利用できています。

新しい OCNメールに少しでも不信感のある方はこの方法を試してみてください。