Visual Studio 2015を起動すると「応答なし」になる時の対処方法

突然のフリーズに表情が固まる男性のフリー画像

今度こそ解決か?

以前に Visual Studio 2015で「応答なし」になった時の対処方法を投稿しました。
パソコン困り顔Visual Studio 2015でソリューションを開くと「応答なし」になる時の対処方法 完全解決する内容ではありませんでしたが、投稿後に開発用 PCが少しマシなもの(でも中古)に変更になった事もあり大きな問題にはなっていませんでした。

しかし約1年ほど経った最近になって再び長時間の「応答なし」が頻発するようになったため再調査を開始しました。

今回は起動しただけで「応答なし」

前回は「ソリューションを開くと」という条件でしたが、今回は Visual Studio 2015を起動してしばらく待っているだけで発生します。そのため前回の「.suoファイルを削除」という手段は使えません。

全く手掛かりが無いため、今回は Process Monitorを使って Visual Studio 2015の動作を監視して原因を特定しました。

Visual Studio 2015「応答なし」解消の手順

手順1
Visual Studio 2015を起動する
通常通り Visual Studioを起動します。
ソリューションファイル等は開かないでください。
手順2
「フィードバックの送信」の設定を開く
Visual Studioの[ヘルプ]-[フィードバックの送信]-[設定]メニューを選択します。
フィードバックの送信メニュー
手順3
エクスペリエンス向上プログラムの設定変更
「Visual Studio エクスペリエンス向上プログラム」が「参加する(推奨)」になっている場合は「参加しない」に設定変更します。
エクスペリエンス向上プログラム
あまり記憶にありませんが Visual Studio 2015インストール時の既定値が「参加する(推奨)」だったのかもしれません。
手順4
Visual Studio 2015を終了する
設定変更が終了したら一旦 Visual Studioを終了します。
手順5
SQMフォルダーを開く
エクスプローラーで下記のフォルダーを開きます。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\VSCommon\14.0\SQM
※ PCの環境や Windowsのバージョンによって多少差異がある場合があります。

手順6
.sqmファイルを削除
手順5で開いたフォルダーに拡張子が「.sqm」のファイルが大量にあるため (数千ファイルの場合あり) 更新日付の古いファイルをすべて削除します。
手順7
通常通り Visual Studio 2015を使う
次回の Visual Studio起動時から「応答なし」が発生しなくなります。

戻ってきた快適なプログラミング環境

少なくとも私の環境ではこの手順を実施してから長時間の「応答なし」は発生していません。最近の Visual Studio 2019等でも「エクスペリエンス向上プログラム」の設定次第でこうなるのかはわかりませんが、同様の現象にお困りの場合は試してみる価値はあると思います。